2011年06月29日

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちは皆の必読本です。




奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちは皆の必読本です。



>もちろん、エチ先生にとって、東大入学者数なんて
結果ではありません。
エチ先生の言う「結果」とは、教え子たちみんなが、
還暦を過ぎても
前を向いて歩いていること。
すべての国語教師、いや、すべての教師、
いやいや、すべての親御さん
必読の本だと思います






>まさに「すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる」
というエチ先生の言葉が。
いかん、いかん、私もたまには少し横道に逸れてみなくては!?






リンクはこちら♪






posted by 奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち at 09:35 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちは涙があふれる




奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちは涙があふれる



>高校時代に、私が「教える人間が楽しんでないなら、
教えられる方もつまらないに決まってる!」と言ったら
「勉強なんかつまらないものだ。俺は勉強が嫌いだ。あきらめろ。」
と言い放った先生にぜひ読ませたいです(笑)




>何代にもインタビューされ、現在ではかなりの著名人、
有識者、重要ポストを占める方々を輩出した教育現場の実際が
後からエチ先生の正しさ・本質さを証明されたと思います。
実際その場で私も生徒として参加していたら、自分の人生も
大きく違っていただろうとある種羨ましさを感じた著書です。





リンクはこちら♪







posted by 奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち at 09:33 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちのレビューは?




奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたちのレビューは?




>この本を読み終えて、能力のある生徒がいて、その才能を
伸ばす教師が生徒に『注入』するのではなく生徒の能力を
『抽出』させることができるような教育を私も過去に戻って
もう一度トライしてみたいと思いました





>筆者のつたない経験に照らしても、人間、やはり最後に血肉
となるのは、勉強でも学問、仕事でも何でも自分で興味を持って
主体的に苦闘し粘り強く格闘したことのみである。そんな当り前
のことを本書は改めて確認させてくれる。




リンクはこちら♪








posted by 奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち at 09:30 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。